SERVICE

部門紹介

生産事業部

Production Division

独創的な技術を結集させた
最高の高品質・高性能バルブを提供

Combined original technology Providing the highest quality and high performance valves

産業の発展を陰で支えているバルブは、さまざまな分野の生産システムに対応できる高度に安定した製品が求められています。当社は、特殊ボールバルブの機能、品質、経済性の向上を目指して全力を注いできました。その代表的な製品は、配管システムの合理化、省略化、小型化を実現したトップエントリー型ボール弁。そして市場の過半数を占めるタンクローリー用ボール弁等です。また、ニーズに応えた技術開発力に納得いただき、着実に実績を積み重ねています。これらは、当社の優れた生産技術と品質管理に基づき提供しています。
独創的な技術を最高の製品として結晶させる生産部門は、開発スタッフとの緊密な連携のもと、バルブ生産一筋に技術を磨いてきたスタッフが、コンピュータを導入した最新鋭の設備で品質の向上、コストの低減に取り組んでいます。
●生産設備
マシニングセンター/NC旋盤/普通旋盤/ボール盤/フライス盤/サーキュラ旋盤/電気・ガス溶接機/油圧プレス/定盤/屋内重量クレーン/コンプレッサー/受電設備
●検査・試験設備
耐圧検査機/気密検査機/ヘリウムリーク試験機/超高圧試験機/硬度試験機/各種試験機 etc

特許に裏づけられたSANKOの優れた企画開発力

SANKO’s excellent planning and development capabilities backed by patents

当社は1961年に特殊ボール弁の自社開発に成功して以来、特殊ボール弁の専門メーカーとして各業界の特殊ニーズに応え続けてきました。その独創技術は、特許・実用新案取得数とタンクローリー用バルブでの全国シェアの高さでも証明済みです。そして、時代が要求する機能を付加しつつ、最新の技術を導入した新しい成果と共にお届けしています。
これからも常に先進のボールバルブを開発してきた実績と技術的な蓄積を活力とし、高性能バルブの開発に挑戦しています。
●特許・実用新案
昭和45年9月 第911919 ボール弁における弁座押圧装置
昭和47年6月 第969721 歯車とネジ機構による弁座摺動ボール弁
昭和50年3月 第1071348 四方ボール弁
昭和50年5月 第1080507 ボール弁の弁座圧着装置
昭和50年8月 第1091830 ボール弁のシール
昭和51年6月 第1131499 ボール弁の弁座
昭和54年3月 第1279013 カートリッジ型の弁と弁座の固定装置
昭和54年5月 第1311331 ボール弁のシートパッキング
昭和54年3月 第1279013 カートリッジ型の弁と弁座の固定装置
昭和55年10月 第1351578 カートリッジ型ボール弁のシールリングと調整リング
昭和56年1月 第1364452 カートリッジ型ボール弁の脱着装置
昭和56年11月 第1074777 カートリッジ型ボール弁
昭和59年2月 第1511498 カートリッジ型ボール弁
昭和62年5月 第1676303 連動式親子ボール弁
昭和62年10月 No.62-161484 新型ミニカートリッジ型ボール弁
昭和63年4月 第1726645 弁シート面の加工機
昭和63年5月 No.63-60183 スーパーエンプラ製カートリッジ型ボール弁
平成元年7月 No.1-88559 カートリッジ型ボール弁
昭和63年5月 No.63-60183 スーパーエンプラ製カートリッジ型ボール弁
平成元年7月 No.1-88559 カートリッジ型ボール弁
平成2年7月 第140080 カートリッジ型ボール弁の弁座機構
平成3年10月 No.3-83855 スーパーエンプラ製ボール弁
平成12年1月 特願2000-17053 トップエントリーボール弁シートの簡素化
平成25年1月 出願No.2013-000091 漏洩感知器

品質保証体制で徹底した品質を追求

Pursuing thorough quality with a quality assurance system

各産業の主要製品として、万が一が許されないバルブは、品質管理が最も重要な要素と言えます。当社は、国際規格ISO9901を基本として、
顧客独自の管理要求にも其々対応してまいります。管理として体制維持は当然のこととし、製品検査も素材受け入れから始まり、工程内検査を経て、最終検査まで決められたプロセスフローに基づき、運用管理すると共に、管理校正した測定機器を用いて、お客様の元へ、安心した品質の製品をお届けしています。
●検査項目
受け入れ素材/材料検査/外観検査/非破壊検査/寸法検査/水圧・気圧検査/漏洩検査/開閉・作動検査/超音波洗浄
●適用検査基準
JIS規格/ASME規格/API規格/JPI規格/電気事業法/ガス事業法/JEM規格/高圧ガス保安法/ANSI規格

メンテナンス事業部

Maintenance Division

設備の維持向上を目指すメンテナンスグループ

Maintenance group aiming to maintain and improve equipment

当社製品をはじめとして輸入弁に至るまで、あらゆる弁のメンテナンスを手掛けています。顧客設備の生い立ちから未来へつながる仕事として、
火力・原子力プラントをはじめ一般弁のビルメンテナンスまで、予防・予測も含めた点検工事を行っています。技術スタッフは日々研修・研鑽を続け、技術力はもちろんのこと、対応性・安全管理により次回に繋がる信頼を得ています。
●所有資格一覧
足場組立等作業主任者/ガス溶接士 ガス溶接技能講習/非破壊検査員/玉掛け技能者(吊上げ1.0t以上)/有機溶剤作業主任者/溶接管理者(WES8103 2級)/床上操作式クレーン運転技能講習(5tまで)/フォークリフト運転免許者(1t以上)/第二種電気工事士

メンテナンス業務

Maintenance work

●国産弁関係
弁種/駆動方式 手動 電動 空気駆動 ギヤ―駆動
仕切弁
玉形弁
逆止弁
ボール弁
バタフライ弁
ニードル弁
安全弁 気体・液体・蒸気用
●輸入弁関係
メーカー 圧力・サイズ・型番 使用発電所
ベーラン社 600LB-10B以下の仕切弁 原子力(一次系)
ドレッサー社 3500LB-6B以下の安全弁 火力
ロナガン社 2500LB-3B以下の安全弁 火力
クロスビー社 2500LB-3B以下の安全弁 石油プラント
パウエル社 2500LB-4B電動仕切弁 火力
ロックウェルエドワード社 2500LB-2B以下の玉形弁 2500LB-6B~20B電動玉形弁 火力
アンカーダーリング社 600LB-10B以下の仕切弁 原子力(一次系)
ケロテスト社 1800LB-2B以下の金属ダイヤフラム弁 原子力(一次系)
アットウッド社 300LB-6B~16B 逆止弁 火力

営業部

Sales Department

顧客ニーズの追求と豊富な専門知識の提供

Pursue customer needs and provide abundant expertise

自社製品のみならずあらゆる種類のバルブ類を扱い、幅広い顧客ニーズに豊富な実績と知識で対応しております。
バルブ製品にたいして、納入後の管理及びメンテナンスまで複合的にご提案が可能であり、常に顧客の視点に立った営業活動を行っています。

顧客ニーズの追求と豊富な専門知識の提供

Pursue customer needs and provide abundant expertise

代理店契約先メーカー

Major manufacturers

ウツエバルブ株式会社 巴バルブ株式会社 株式会社フジキン 株式会社東京興業貿易商会
株式会社ミヤワキ 株式会社ワダトク 第一高周波工業株式会社 ワシノ機器株式会社
日本フイツシヤ株式会社 株式会社キッツ 大同特殊工業株式会社 前澤工業株式会社
新倉工業株式会社 アスタム株式会社 株式会社セイワシステム 株式会社加地テック
(順不同)